入門セッション – Next Steps

ATOS Q:物体の上部と下部の測定方法

この動画では、ドクスが物体の上部と下部を測定して、デジタルツインを作成する方法について説明します。3Dスキャナー「ATOS Q」、自動回転テーブル、GOM Inspect Suiteを併用することで、一連の作業を迅速かつ容易に進めることができます。測定後、データを結合してポリゴン化します。 チャプター 00:38 新規プロジェクトの開始 00:54 回転テーブルの使用 01:38 物体を裏返す 01:55 新規の測定シリーズ 02:42 上部データと下部データの結合 03:23 ポリゴン化と再計算

Next Episodes

入門セッション – Next Steps
T-SCAN hawk:ポータブル3Dレーザースキャナー購入後の開封手順
入門セッション – Next Steps
T-SCAN hawk:設定方法