入門セッション – Next Steps

ATOS Q:自動回転テーブルを使用した測定方法

この動画では、自動回転テーブルを使用してATOS Qによる3Dスキャンのワークフローを高速化する方法について説明します。GOM Inspect Suiteでは、様々な自動回転オプションから最適なものを選択できます。経験則ですが、8つの回転オプションを活用すれば、ほぼあらゆる角度から物体を測定できます。 チャプター 00:45 回転テーブルの回転 01:14 スキャンテンプレートの選択と初回スキャンの実行 01:41 回転テーブルの使用 02:20 ポリゴン化と再計算

Next Episodes

入門セッション – Next Steps
New Sketching function in ZEISS REVERSE ENGINEERING
入門セッション – Next Steps
How to deliver first class report presentations