入門セッション – Next Steps

T-SCAN hawk:GOM Inspectによるスキャン測定パート2

この動画では、手動回転テーブルを使用して、物体の上部から下部に至るまでを容易にスキャンできるワークフローを紹介します。トゥーンが、物体の片側にある参照点のキャプチャ、背景のカットアウト、物体の完全なデジタルコピーの作成(前面および後面)の方法について解説します。 チャプター 00:40 回転テーブルの使用 01:02 上部と下部の参照点のキャプチャ 02:00 背景のカットアウト1 02:27 上部のスキャン 03:16 背景のカットアウト2 03:54 下部のスキャン 04:35 スキャンデータのポリゴン化による最終メッシュの生成

Next Episodes

入門セッション – Next Steps
T-SCAN hawk:ポータブル3Dレーザースキャナー購入後の開封手順
入門セッション – Next Steps
T-SCAN hawk:設定方法