入門セッション – Next Steps

ATOS Q:大型物体の測定方法

この動画では、3Dスキャナー「ATOS Q」の測定体積MV500を使用して、大型物体をスキャンする方法について説明します。物体が測定体積よりも大きい場合でも、参照点とスキャンデータのつなぎ合わせ機能を活用すれば、細部に至るまで正確に捉えることができ、高品質の測定データを容易に取得できます。 チャプター 00:42 新規プロジェクトの開始と初回スキャンの実行 01:24 参照点を使用したスキャンデータのつなぎ合わせ 02:01 スキャンの完了

Next Episodes

入門セッション – Next Steps
T-SCAN hawk:設定方法
入門セッション – Next Steps
T-SCAN:レーザースキャナーシステム購入後の設定方法